そもそも、幹細胞培養液ってなに?

 幹細胞を培養する際に幹細胞が分泌する成分が"幹細胞培養液"です。

幹細胞培養液には、数百種類のたんぱく質が含まれており、150~200種類ある成長因子(グロースファクター)と呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれています。

 一般的な細胞は培養時にこれほど多くの成分を分泌しないので、幹細胞特有の機能といえます。

 

 この成分こそ、医療・美容業界で注目を集めている再生美容成分といえます。

 

育毛・発毛促進に有効な幹細胞培養液に含まれる「5つの成長因子」

 

①KGF「ケラチン細胞増殖因子」

髪の毛の生成に必要な成分の産生を助け毛包の発毛環境を補正

 

②HGF-1「幹細胞増殖因子」

毛髪強化因子の発生を促進し、休止期の毛包を成長期へと誘導

 

③IGF「インスリン様成長因子」

細胞の成長と発達に関わり、毛母細胞の分裂を促す事で発毛を促進

 

④BFGF「線維芽細胞増殖因子」

血管、皮膚、筋肉などの細胞に作用し、細胞の分化・増殖を制御。

 

⑤VEGF「血管内皮細胞増殖因子」

血管に作用し血流を促進することで十分な栄養を血液にのせて供給


40代男性 火傷痕に幹細胞培養液を塗布後、火傷痕からも発毛